Top > 七田式とは

七田式とは

魂の幼児教育

 

七田(しちだ)式とは、七田眞(しちだまこと)氏が提唱する幼児教育の一つ。人間の脳には、低年齢ほどすばらしい働きがあり、驚異的な可能性と吸収力があるという考え方で、心の子育てを中心に「右脳」と「左脳」をバランスよく育んでいく教育を展開。胎児期や0歳からのさまざまな取り組みがあります。

七田式幼児教育では、無限の潜在能力を持つ右脳に着目。右脳の力を最大限に使えるよう、そして左脳もおろそかにせず右脳と左脳をバランスよく育てる全脳教育を実施。そのために、さまざまな教育用グッズを用いています。例えば、子どもの好奇心を引き出すオリジナルカードやプリント、玩具、DVDなど。また、全脳教育の一環として、イメージトレーニング、速読、記憶法、直観像、ESP、高速視聴読法などのレッスンも行います。さらに、子どもの教育は胎教からとの考えから、胎児への対話、語りかけなどのトレーニングも行います。

七田式幼児教育においては、オカルトっぽいとか、うさんくさいという批判もありますが、教室に通うようになり子どもがいきいきしだしたという感想をもつ親もたくさんいるようです。

七田眞氏のウェブログ http://www.shichida.jp/makotoblog/

 オートレース予想  トヨタセリカ  トヨタセリカの中古車  ネットスタジアムでオートレース
関連エントリー
カテゴリー
更新履歴
幼児教育について(2009年8月20日)
幼児教室とは(2009年8月20日)
幼児教室の意義(2009年8月20日)
シュタイナーの幼児教育(2009年8月20日)
七田式とは(2009年8月20日)