-幼児教育

2009年8月アーカイブ


[送料+ラッピング無料]神戸ママが開発協力♪自宅が幼児教室に!I'm TOY指先レッスンボックス【w...

 

幼児教育とは、子どもの能力を伸ばすために、幼児のうちから色々と学ばせることで、早期教育ともいいます。ちなみに幼児とは、一般に満1歳から小学校就学時までの子どもを指します。

昨今幼児教育の重要性が注目され、子どもをスイミングスクール、ダンス教室、体操教室、英会話教師、ピアノ教室などに通わせる親が増えているようです。

幼児教育の重要性が叫ばれるようになった背景に、脳の発達についてわかってきたということが挙げられます。

脳細胞は受精から誕生までに、成人と同じ神経細胞がつくられ、3歳で80%完成します。以後この数は、減ることはあっても増えることはありません。脳の伝達細胞であるシナプスは、環境によって脳が刺激され増加します。そのため、早期の幼児教育をして脳のシナプスを増やそうというわけです。

幼児教育とは、本来は楽しく遊べる子になるように、子どもを少し手助けしていくことにありますが、現状は、習い事や才能開発、知能アップなどに偏っているようです。

また、幼児教育とは、子どもの本来持っている生きる力を引き出す手助けをすることのはず。決して「おけいこ」や「お勉強」だけにしないことです。幼児教育で大切なのは、幼児教育をして何を目指すかということでしょう。

幼児教室とは

| コメント(0) | トラックバック(0)

ボーネルンド多くの幼児教室で使われている人気者入門編マイティマインド レギュラー

 

幼児教室とは、幼児のための自宅外教室、いわゆる小学生や中学生だったら塾・習い事にあたります。

ひと口に幼児教室といっても内容はさまざま。もっとも多いのが「英語教室」。英語は早い時期から習うと身につきやすいということから広まっています。次に、多いのが「ピアノ教室」。ピアノなどの音楽も小さい頃から習うと音感やリズム感が身につくことから人気があります。また、「水泳教室」「サッカー教室」「リトミック教室」「学習教室」「絵画・工作教室」など幼児向けの教室は数多くあります。

しかしながら、幼児教室は必ずしもいいところばかりとは限りません。幼児教室には直接的な監督官庁はなく、設立に際しても許認可を必要としません。無認可保育所と同じで「明日から幼児教室を始めるぞ」と宣言すれば誰でも簡単に作れるのです。また、講師にも資格などを必要としないため、誰でも講師になることができます。ゆえに、この世界には怪しい幼児教室がはびこっているのも事実です。

では、良心的な幼児教室を選ぶにはどうしたらいいのでしょうか。まず、幼児教室を決める前に、必ず体験レッスンなどに参加してみることです。実際に体験し、スタッフの人たちのから詳しい話を聞いてみることです。体験レッスンへの参加は、複数の人、例えば配偶者や姉妹などと一緒に行くことをオススメします。一人の場合、雰囲気に飲まれてしまい、じっくり観察できなくなることもありますから。

幼児教室、せっかく通わせるのですから、子どもに合ったいいところを選びましょう。

 ミッシュマッシュのニット  ミッシュマッシュのワンピース  ミニロトの当選番号

幼児教室の意義

| コメント(0) | トラックバック(0)

くまのひも通し、数・色のお勉強幼児教室教材としても人気です!

 

昨今、脳の発達が解明されてきたことから、幼児教育の重要性が叫ばれています。しかし、幼児教育に関しては、必ずしも賛成意見ばかりではありません。

幼児教育に対する反論として、「パターン化された受け身の学習が多く、子どもは自発性・創造性の領域の発達が抑圧され、受け身的になってしまう危険がある」「幼児教育には『もっと早く、もっと正確に』という基本原則があり、目に見える事柄のみを重視し、目に見えない『心が育つ』過程をおろそかにしている傾向がある」などがあります。

とはいうものの、他の子どもたちが幼児教室に通っていれば、うちの子も...と思うのも理解できます。その際は、幼児教室の本来の目的とは、「知育や能力アップだけではなく、子どもの個性や能力を上手に引き出すとともに、自立して生きていく力を育てる手助けをすること」ということを忘れないようにしましょう。決して子どもに押し付けたりしないように。あくまでも幼児教室は子どものためのものということをお忘れなく!

 靴のヒラキ  ファイヤーキングジェダイ  ファイヤーキングのマグカップ
家庭でできるシュタイナーの幼児教育

 

シュタイナーの幼児教育とは、神秘思想家のルドルフ・シュタイナーの人智学に基づく教育思想、実践方法をさします。俗に「シュタイナー教育」とも呼ばれます。

シュタイナーの幼児教育は、ある意味、現代の幼児の英才教育と逆行しているともいえます。現代の幼児教育は、いかに早く子供の能力を開発するかということに重きをおき、小学校入学前から、文字はもちろん、英語や算数まで教え込もうとする傾向が見られます。

シュタイナー教育においては、人間の成長を7年ごとに区分し、7歳までを第1七年期、14歳までを第2七年期、21歳までを第3七年期とします。第1七年期においては意志の成長、第2七年期においては感情の成長、第3七年期においては思考の成長時期と位置づけます。

シュタイナー教育は、この区分にあった教育を子供に施すべきで、その成長期以前に次段階のものを提供してはならないという確固たる姿勢をもっています。

シュタイナーの幼児教育は、第1七年期における教育にあたり、「意志の成長」を育む時期となります。

 ピチレモンのモデル  雑誌「ピチレモン」  ヒラキのカタログ

七田式とは

| コメント(0) | トラックバック(0)
魂の幼児教育

 

七田(しちだ)式とは、七田眞(しちだまこと)氏が提唱する幼児教育の一つ。人間の脳には、低年齢ほどすばらしい働きがあり、驚異的な可能性と吸収力があるという考え方で、心の子育てを中心に「右脳」と「左脳」をバランスよく育んでいく教育を展開。胎児期や0歳からのさまざまな取り組みがあります。

七田式幼児教育では、無限の潜在能力を持つ右脳に着目。右脳の力を最大限に使えるよう、そして左脳もおろそかにせず右脳と左脳をバランスよく育てる全脳教育を実施。そのために、さまざまな教育用グッズを用いています。例えば、子どもの好奇心を引き出すオリジナルカードやプリント、玩具、DVDなど。また、全脳教育の一環として、イメージトレーニング、速読、記憶法、直観像、ESP、高速視聴読法などのレッスンも行います。さらに、子どもの教育は胎教からとの考えから、胎児への対話、語りかけなどのトレーニングも行います。

七田式幼児教育においては、オカルトっぽいとか、うさんくさいという批判もありますが、教室に通うようになり子どもがいきいきしだしたという感想をもつ親もたくさんいるようです。

七田眞氏のウェブログ http://www.shichida.jp/makotoblog/

 オートレース予想  トヨタセリカ  トヨタセリカの中古車  ネットスタジアムでオートレース
カテゴリー
更新履歴
幼児教育について(2009年8月20日)
幼児教室とは(2009年8月20日)
幼児教室の意義(2009年8月20日)
シュタイナーの幼児教育(2009年8月20日)
七田式とは(2009年8月20日)
カテゴリー
更新履歴
幼児教育について(2009年8月20日)
幼児教室とは(2009年8月20日)
幼児教室の意義(2009年8月20日)
シュタイナーの幼児教育(2009年8月20日)
七田式とは(2009年8月20日)