幼児教育最新の記事

幼児教育について


[送料+ラッピング無料]神戸ママが開発協力♪自宅が幼児教室に!I'm TOY指先レッスンボックス【w...

 

幼児教育とは、子どもの能力を伸ばすために、幼児のうちから色々と学ばせることで、早期教育ともいいます。ちなみに幼児とは、一般に満1歳から小学校就学時までの子どもを指します。

昨今幼児教育の重要性が注目され、子どもをスイミングスクール、ダンス教室、体操教室、英会話教師、ピアノ教室などに通わせる親が増えているようです。

幼児教育の重要性が叫ばれるようになった背景に、脳の発達についてわかってきたということが挙げられます。

脳細胞は受精から誕生までに、成人と同じ神経細胞がつくられ、3歳で80%完成します。以後この数は、減ることはあっても増えることはありません。脳の伝達細胞であるシナプスは、環境によって脳が刺激され増加します。そのため、早期の幼児教育をして脳のシナプスを増やそうというわけです。

幼児教育とは、本来は楽しく遊べる子になるように、子どもを少し手助けしていくことにありますが、現状は、習い事や才能開発、知能アップなどに偏っているようです。

また、幼児教育とは、子どもの本来持っている生きる力を引き出す手助けをすることのはず。決して「おけいこ」や「お勉強」だけにしないことです。幼児教育で大切なのは、幼児教育をして何を目指すかということでしょう。

幼児教育について

幼児教育の重要性が叫ばれるようになった背景に、脳の発達についてわかってきたということが挙げられます。
カテゴリー
更新履歴
幼児教育について(2009年8月20日)
幼児教室とは(2009年8月20日)
幼児教室の意義(2009年8月20日)
シュタイナーの幼児教育(2009年8月20日)
七田式とは(2009年8月20日)